さて、そろそろ目醒めますか。


by m051643g
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

嫁ぎ先が決まりました。

洗濯機の。


大変不本意ながら、東京を一時撤退するので、洗濯機をどうにかしなければいけなかったのですが。
あたしの洗濯機は院に入るときの引越しで(学部時代は洗濯機があるところに住んでいた)、すぎ氏がお嫁にくれたもので7歳。


プラチナ・ディに某バーで遭遇した千葉の田舎の別荘の主であるOB氏に「全自動洗濯機いりませんか?」と訊いてみたら、別荘はいまだに二層式なので、快くお嫁にもらっていただけました。


これからも千葉の田舎で働いてくれたまえ。
[PR]
by m051643g | 2008-03-15 00:00

プラチナ・ディ

ヴァレンタインディには、義理チョコどころか本命チョコすらあげてなく、いわゆる賄賂チョコしか献上してないあたしに、ホワイトディなんぞない!

が、プラチナ・ディでした。

へっへっへっへっへ。

ロ ー ゼ ス ・ プ ラ チ ナ 解 禁 !

あぁん、約1年ぶり?
ちなみに飲酒するのは1年と3ヶ月ぶり?

たった4杯で酔っ払っちゃった。てへ。


やー、本当はまだ服薬中だけどねー。
修論、書き終わったら、絶対解禁してやる、その意気込みで修論、書いたよ。てへ。
[PR]
by m051643g | 2008-03-14 23:59

結婚しました。

友人のみみさんが。

という、ベタなオチで。

このために一時帰省。


初めて、友人の結婚式に出るというので、もちろん主役の新郎新婦とそのご家族が一番大変だったでしょうけど、わたくしもいろいろと準備が大変っていうか、勝手がわからなくてあわあわしてました。

行きつけの美容室の担当美容師さんが髪の毛をいい感じにアレンジしてくれてうれしかったです。
…………あとはな、付け爪のチップをひとつなくしたのがな、イタイよな。
こんなことなら付け爪じゃなく、普通にネイル塗ってりゃよかったな、みたいな。


それにしても、花嫁さんというのは本当にお世辞抜きで美しいですねぇ。
いつもよりも何か違うオーラ、っていうか美しさに磨きがかかっている、というか。
(喋らなければねw喋ったらいつものみみさんだったよwww)

だけど、最近の披露宴って色んな趣向を凝らすんですねー。
ケーキカットは知ってたけれど、ケーキバイトは知りませんでした。披露宴的指輪交換みたいなものか。

花嫁のブーケはやっぱり、何らかの魔力を持ったらうるさんのところへ。
じゃ、次はらうるさんなのかしら(笑)?

久々に会えた友人もいて、楽しかったです。
ご招待、ありがとう。


びっくりなのは、みみさんたちの前の時間に別の友人カップルが挙式披露宴を行っていたことだね。
いやはや、日時が違えばそちらも呼ばれてみたかった(みみさんとこと被っていることをだいぶ前に伝えてあったからなぁ)。

d0071228_22334132.jpg



ごめん、みんな。
おらの編集技術じゃ、ここが限界だった。
写真ありますんで、あとで添付ファイルが送れるパソコンのメルアドください。
ちなみに新婦右後ろがあたし。らうるさんの横なので、小ささが際立つ!


みみさん、みみ旦那さん、末永くお幸せに。
[PR]
by m051643g | 2008-03-08 23:59

Do it! Do it! Do it!

・修論書き直し
→結局、書き直せなかったよ。誤字と明らかに文章がおかしいところの修正と、資料を見やすくして、謝辞を付け加えただけ。
ああ、だが、この際、はっきり言って、あたしは謝辞さえ書ければ満足だよ、もう。

・製本手配
→数日死んでたのと薬飲み忘れてたんで、ギリギリで上記の書き直しもどきを行い、生協に30分待ってもらい、帰省当日に提出。これができないと帰省できないか修論完成版を提出できないかのどっちかだった。

・一時帰省準備
→帰省した。準備せずに帰省したようなもんだ。これから準備する。

・不動産屋さんに連絡
→完了。相変わらず不動産屋さんには不思議な誤解を受けている。詳細は後日。

・引越し屋手配&準備
→ま だ 。 無事、引越しできるのか知らん。むしろ引越しなんかできなくてもいいんだけど。

・着付けの手配
→完了。問題は半襟が黄ばんでいてどうしようって。どうすんの?

・謝恩会の手配
→手配中。あたしが口頭で文章を読み上げ、他のひとにメィル打たせる鬼っぷり。……初期段階で日程が見事に合わなくてどうしようかという話だ。


あ、ったま、いてぇ。


今日は電話かけられたり、かけまくったりの日でした。

地元の友人に「正直、ここ2年ほど、あたし、触っちゃいけない感じ、した?」と訊いたら、「うん」と返ってきました。
正直に答えてくれてありがとう。いや、ほんとに。
それでもって2年も何か放置してごめん、みんな。

電話かかってきたのはO坪先生。
「今、T澤さんと飲んでるんだけど――」
何、その面白い呑み。
すぐにでも東京、飛んで帰りたかったわ。
で、思わず、O坪先生に「就職するって本当ですか?何で博士課程行かないの?」と他人なのに詰め寄ったら、
「それはねぇ、問題意識がないんだよ」
…………そりゃ、問題だわ。
ルーマソの「ル」の字もない修論を書いたと聞いてびっくりですわ。
っていうか、本当に他人事ながら何だか淋しい限りです。


えーと、明日はびょういんとびよういんに行ってくる。
で、また、きっと、電話を(今度は今日とは別方面に)かけまくるんでしょう。
…………年度末なのよね。
[PR]
by m051643g | 2008-03-05 03:09

世界の終わりの銀河。

空はまだ白んでいないよ。


「愛してる」っていう気持ちを正確に伝えられる言葉があるなら、何度だって伝えたい。
どんな言葉を使っても正確には伝えられそうにないから、心の中で何度も名前を呼び続けている。
もうずっと。


ねぇ、あいつらがさ、20年後にはあたしのことを笑い話にするって。
20年後も、一緒にいてくれるって。


メンソールの煙草は苦手だけれど、今日は吸わずにはいられなかった。
メンソールの煙草を。
涙が滲んだのは煙の所為だけじゃない。


何度、紫陽花が咲いても、何度、夏が巡ってきても、ずっと待っている。
1年でも、5年でも、20年でも。


待っているから。
早くあたしたちのところへ戻ってきてよ。


ずっと、愛している。
[PR]
by m051643g | 2008-03-02 05:56