さて、そろそろ目醒めますか。


by m051643g
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「さようなら」

「さようなら」という言葉はどうして、こんなに。

こんな短期間で2度も(違うひとだけれど、文脈も違うけど)、「さようなら」と言われてしまった。
仕方のないことだけど。
つらい。切ない。


留守電に吹き込まれた言葉は「また会えるといいね。さようなら」だった。


いくら精神年齢が幼くても、24年生きていたらわかる。

もう、二度とこのひとには会えない。


「さようなら」
どうかお元気で。どこかでご活躍するあなたの名前を聞ける日を祈っています。
[PR]
by m051643g | 2007-02-28 01:02

花の記憶。

最近、携帯カメラで花を撮ることにはまっています。
デジカメ持ってない人間なんで(欲しいんですけど、それを買う余裕はない)、色々限界があるけれど、せっかく撮ったのだからアップしていこうかな、なんて思い立ったが吉日生活(じゃないと忘れる)。

d0071228_1924420.jpg

某総合病院の蝋梅です。入院ブログの写真に使ってます。


d0071228_19252128.jpg

同じく某総合病院の紅梅です。


d0071228_19265120.jpg

上の写真と同じ木です。全く違う方向から撮ってみました。


今回はこんな感じで。
[PR]
by m051643g | 2007-02-25 19:27 | 花の記憶

貧乳なのか巨乳なのか。

実は、こう見えても隠れ巨乳です(自分で言うな!)。
隠れ巨乳だと思っていました。

今日、下着を買いに行って、サイズを測ってもらって愕然としました。
……何ですか、この数値。
アンダーは60を切ってるし、トップも80を切ってる。
……病気の影響、ここにもやっぱり出ましたかorzそうですよね、出ますよねorz

でも、カップサイズ変わってなかった。。。

身長と体重は中1女子の平均なんです。
それでいてアンダーとトップがあの数字でこのカップサイズって……後輩がよく言ってる「ロリ巨乳」てやつですかwww


あー。ちなみにヒップサイズだけは以前と変わりなかった。
安産型ってことで、よし、なのか?いや、あんまよくない。
ヒップアップの下着買った方がいかなぁ。
[PR]
by m051643g | 2007-02-23 03:46

ピリオドの雨。

嗚呼、昨日はそんなにうまくいくわけないか、と思ったけれど。

うまい具合に降ってくれたじゃないか、ピリオドの雨。


去年のあたしに春はなかった。
「春」そのものがなかった。
だから、「春」は一昨年で止まったままだった。

だけど、今年は「春」が来る。
そして、もうそれを怖がるような出来事もないんだ。
それはあたしの望む全てではなかったけれど。
記憶は昨日、ピリオドの杭を打たれた。打った。
だから、もう「春」を怖れちゃいけない。


しばらく、ひとりでもがく。
もう巻き込まない。
それでも、側にいてくれると言ったひとがいる。


嗚呼。何て粋な計らいだろう。

空よ、ありがとう。
[PR]
by m051643g | 2007-02-20 17:22
タイトルの通りですが、何かw

1月ほぼ1ヶ月入院していましたよ。大学院じゃなくて病院の方にね。

真冬に夏休みをいただきました。

色々な社会勉強になりました。
二度と入院生活したいとは思いませんけど、他人にも勧めませんけど、あたし的には結果的によかったんじゃないかと思っています。

それで、日記を書いていました。ずっと。
元々、他人に見せるつもりで書いていたわけじゃないし、途中で退院したらブログにしようと思い立ちましたが、できるだけ他人の視線を意識せず自然体なあたしの入院生活を書いてました。

卒論のときに参考にした某故人の真似ではないですけれど、ブログ書いていきますので、よかったら見てやってください。

あたしは、一般の社会とは違う世界を見て、一般のひとができることができなくても、それでも「生きている」姿、ひとを慈しもうとする姿を見ることができて、本当によかったです。

ですが、もし、メンタルヘルスに関する記述を見るのが辛い方は見ない方がいいかも知れません。そんなに過激なことは書いてないですけど。


というわけで、以下のブログです。
「真冬の夏休み――精神科閉鎖病棟に入院していました」
http://ameblo.jp/nako2007
ブログ主は「なこ」です。「なっち」でも「なち」でも「えいこ」でもありません。
「なこ」以外の名前では呼ばないでくださいね。


ちなみに、ここまで書いたら事情を知らない人にもおわかりになると思いますが、修士論文を書くことはできませんでした。
両親は、「そんな場合は中退」と言っていましたが、今はあたしの修士論文へのこだわりを理解してくれて、来年度前期は休学しますが、後期には復学させてもらえます。今度こそ修士論文を、あたしと社会学の子どもをちゃんと産みたいです。
[PR]
by m051643g | 2007-02-14 02:17